ジオセントリック

グレートコンジャンクション2020

greatconjanction

グレートコンジャンクション(グレコン)とは

 

占星術界隈では大きな話題となっている、

「グレートコンジャンクション」

いろいろな媒体で取り上げられているので、占いに興味のない人の耳にも入ってくるワードではないでしょうか。

 

グレートコンジャンクション(略してグレコン)は、

2020年12月22日に木星と土星が重なる日のことを言います。

 

【グレートコンジャンクション ホロスコープ】

 

上のホロスコープでは木星と土星が水瓶座で重なっています。

 

占星術では惑星が重なる日を「コンジャンクション」(漢字では”合”)と呼びます。

特に惑星の中でも木星と土星は影響力の大きさから「グレート」が付くため、

グレートコンジャンクションと言われています。

 

木星と土星が重なる影響

 

グレートコンジャンクションは20年ごとに起きる現象です。

木星と土星は占星術では特に重要な意味を持つ惑星です。

木星…幸運、拡大、発展の星

土星…試練、制限、社会の星

 

 

惑星同士は角度(アスペクト)を作りながら毎日進んだり逆行したりしているのですが、

0度で重なるコンジャンクションのアスペクトは惑星同士のエネルギーが共有し、一番大きく強い影響力があるといわれています。

ですから、木星の幸せや拡大と、土星の制限や社会という対極の意味を持つ星が重なると、社会の流れが激変し、大きな影響をうけるということになるのです。

200年ぶりのグレートコンジャンクション

 

20年に一度の現象なのに、なぜ今回だけこんなに大騒ぎになるのかというと、

2020年はグレートコンジャンクションが起きる星座のエレメントが移動するのです。

これまで200年の間は天体の規則性上、

土のエレメントの星座である、おうし座、おとめ座、やぎ座

でグレコンが起こっていたのですが、

今回は風のエレメントである、みずがめ座で起こります。

最近、『風の時代』という言葉をよく見聞きしませんか?

土のエレメントから風のエレメントへの移行が、土の時代から風の時代へと移行するということなのです。

土の時代から風の時代へ

土の時代は、今までの社会で常識とされてきた、資本主義、お金、物質、所有、地位など。

お金が全てを支配し、お金のために働いていた時代です。

 

会社だと、社長、重役、中間管理職、一般社員といったような、ピラミッド型のヒエラルキーの組織構造で、上に行くほどお金を所有し豊かな生活を送れるという認識でした。

給料を支払う者と給料を受け取る者。

主従関係がはっきりしており、すべては会社の利益のために働いてきました。

その構造は根強く、世界中の常識で疑う余地もありませんでした。

ピラミッドの上の層にいる、地位やお金を持つ人がステイタスとされ、そこに憧れてるのならば、努力しなければならない、がんばらなければならない、、、

努力、根性、忍耐はまさに土の時代の象徴です。

 

 

今までの社会の流れから、天体が地球のエネルギーを作り上げてしまうことは逃れられない現象です。

これだけ長く君臨してきた土の時代が終わるということは、かなりの意識改革、ダメージや痛みを伴うことは想像できます。

 

現に風の時代に移り変わろうとする今、まさに世界中で混乱が起きています。

色々な想念や情報が混ざり合って混沌とした状態の中で、時代の変革期を目の当たりにしていくことになるでしょう。

 

私たちの魂はこの時代の節目を自ら選んで生まれてきたといいます。

いま地球にいる人々と協力しながら、これからの風の時代を作りあげていく時がすぐそこまできています。