ダイアリー

今日の星よみ【満月】2021年1月29日

2021年1月29日月が獅子座で満月を迎えます。

この日の満月は、多くの惑星と重要な角度(アスペクト)を取っており、意味深さがうかがえます。

一般的な月の解釈としては、感受性やナイーブな面をあらわします。

それに加えて、私の月に関するイメージは、「ウソツキ」

信じてはいけない虚像として、扱う一面もあります。

そのあたりも合わせて星を読んでいきたいと思います。

満月in獅子座

今回の満月は、1月13日に山羊座で起きた新月でまいた種の形が見えてくるときです。

今日の星よみ【新月】2021年1月13日2021年1月13日、今年初めての新月がやぎ座で起こります。 新月はまだ何も始まっていない空白のページからのスタート期です。 ...

・社会のなかで新しく何かを始める

・新しいルールを決めていく

・誰かのせいにしない、自己責任が重視される

・モラルが問われる

山羊座の新月は社会の枠組み、ルールなど、『秩序』を象徴するものでした。

 

新月が種まきの日だとすると、次の満月は収穫のとき。

今回満月が起きる「獅子座」は、

寛大、リーダーシップ、権力、自己顕示、虚栄心、支配、力強さ

などをあらわし、まさに百獣の王ライオンらしく、誇り高く威厳のある星座です。

 

山羊座がらスタートした物語は獅子座で完結しましたので、

  • 新しいルール、決まりごとが、社会的に確立した。
  • 権力、支配力が新しい形として完成した。

このようなストーリーができあがりました。

 

ですが、月はウソツキとの解釈から、

ニセモノの権力、威厳が完成した。

と読めるのです。

 

しかも、このストーリーは、12月15日の日食から始まった壮大な物語の一章にすぎません。

本当の『THE END』は6月の日食あたりになるでしょう。

金星×冥王星

 

金星と冥王星が、コンジャンクション(0度)の角度を形成します。

コンジャンクションは、相互作用でお互いの星の特徴を最大限に活かしあいます。

 

金星は、強い感情、愛、美や快楽

冥王星は、極める、徹底的、破壊

 

この惑星同士が作用しあうと、

強い衝動から、今あるものを壊してでも、徹底的に愛するものや美や快楽を追求する。

という解釈になります。

太陽×木星

 

太陽と木星もコンジャンクションします。

 

太陽は、真我、バイタリティ

木星は、拡大、発展、幸運

 

などの意味を持ちます。

この二つの惑星が重なると、

エリアを広げながら発展していく。なにかをスタートし、社会的な成功を目指す。

という意味に捉えることができます。

月×太陽・火星・木星・土星・天王星

今回の満月は、太陽と4つの惑星から影響を受けます。

 

水瓶座♒に滞在している太陽、木星、土星と向き合い、

牡牛座♉に滞在している火星、天王星から強い刺激をうけます。

ホロスコープを見ると、赤い三角形が作られているのが分かります。

この三角形を『Tスクエア』といい、ハードでエネルギーが強い配置になります。

 

つまり、今回の満月は多方面から強烈なパワーを受けることになります。

 

ニセの権力であるが、

風の時代を象徴する、『平等、調和』の部屋の水瓶座の星たちと真剣に向き合うことを余儀なくされ、

『資産や物質』の部屋である牡牛座から、湧き上がる変革の風潮を無視できなくなる。

とても大きな、社会の節目となることは、間違いないでしょう。

まとめ

2021年1月29日に月が獅子座で満月を迎えました。

獅子座の月は、ハリボテの権力や支配力にグサグサ厳しい目が向けられ、変化せざるを得なくなるでしょう。

 

風の時代に移った今、時代はすでに、新体制に向かっています。

激しくぶつかり合いながら、乗り越えていくときです。